So-net無料ブログ作成
検索選択
So-net無料ブログ作成
検索選択
So-net無料ブログ作成
検索選択

宮部みゆき ドラマ 小泉孝太郎 あらすじ 第2話  7月15日放送☆ [名もなき毒]

宮部みゆき ドラマ 小泉孝太郎 あらすじ 第2話  7月15日放送☆
Sponsored Links


[ぴかぴか(新しい)]宮部みゆき ドラマ 小泉孝太郎 あらすじ 第2話  7月15日放送☆[ぴかぴか(新しい)]

「名もなき毒」[台風]
ベストセラー作家・宮部みゆき氏の小説「誰かSomebody」と、
その続編「名もなき毒」が原作。

気になる初回視聴率が発表されました[exclamation×2]

月曜ミステリーシアター「名もなき毒」 
第1話:人の心には毒がある

13.1% [るんるん]

やはり話題となっているだけあって、なかなか好スタートをきりましたね。


感想も・・・まだ、第1話ということで未知数ですが、
深田恭子さんが絶賛されてましたね。

やはり女優さんとしてベテランの域に達しているだけあり、
存在感のすごさ、オーラがやっぱり違うなど・・・
南沢さんは、その点はちょっと残念かなぁって声も多かったです。


主人公については、期待以上の声が高まっています。


小泉孝太郎さんが、生まれ持っての品のよさが、
主人公とマッチしていて、なかなかと上々ですよ。


気になる・・・
宮部みゆき ドラマ 小泉孝太郎 あらすじ 第2話(7月15日放送分)を見てまいりましょう!


≪≪宮部みゆき ドラマ 小泉孝太郎 あらすじ 第2話 7月15日放送☆≫≫

聡美(深田恭子)は杉村(小泉孝太郎)に、
4歳の時に誘拐されたことがあると告白する。


誘拐犯は梶田(平田満)に恨みを抱いていたようだが、
警察に捕まらず正体は不明のままだった。


さらに・・・梶田の死の直前の不審な様子から、
聡美は今回のひき逃げと過去の事件に関係があると考えていた。


一方・・・誘拐事件を知らない梨子(南沢奈央)は、
梶田の自伝本を出版することにはりきっていた。


その後・・・杉村は梶田が亡くなった現場をめぐることで、
事件の情報を集め始めるのだった。


Sponsored Links



≪≪名もなき毒(なもなきどく) キャスト≫≫

[台風]小泉孝太郎:杉村三郎
今多コンツェルン社内報「あおぞら」の編集員。
困り人を放置しておけないおひとよしな性格が事件へとつながっていく。


[台風]深田恭子:梶田聡美
元運転手・梶田信夫の長女。
父が背負った暗い過去を知られまいと杉村に懇願する。


[台風]真矢みき:古屋暁子
連続毒殺事件で父・古屋明俊を亡くす。
事件の犯人の疑いをかけられる。


[台風] 国仲涼子:杉村菜穂子
杉村の妻。


[台風]南沢奈央:梶田梨子
元運転手・梶田信夫の次女。
フリーター。
ひき逃げ事故で亡くなった父の半生記を執筆しようと杉村の力を借りようとする。


[台風]杉咲花:古屋美知香
祖父・古屋明俊が犠牲になった連続毒殺事件を解明しようと
私立探偵に依頼する。


[台風]江口のりこ:原田いずみ
杉村のアシスタント。
問題ばかり引き起こす。


[台風]室井滋:園田瑛子
今多コンツェルン社内広報誌「あおぞら」の編集長。
杉村の上司。


[台風]平幹二朗:今多嘉親
菜穂子の父。
今多コンツェルンの総帥。
出版社で編集をしていた杉村に娘との結婚の条件で入社させる。
杉村に様々な依頼をしていく。



≪≪名もなき毒(なもなきどく) スタッフ≫≫

原作:宮部みゆき「誰かSomebody」「名もなき毒」(文春文庫)

脚本:神山由美子

演出:塚原あゆ子

演出:金子文紀

演出:山本剛義

プロデューサー:鈴木早苗

プロデューサー:橘康仁

プロデューサー:橋本孝

制作統括:那須田淳


Sponsored Links


宮部みゆき ドラマ 小泉孝太郎 あらすじ 第2話  7月15日放送☆

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。